シーン別!レストランで使える英会話【旅行英会話】

使える英会話

海外旅行や留学で訪れることの多いレストランですが、英語でのやりとりが少し不安という方もいるのではないでしょうか。


そんな方のために、レストランでネイティブが使っている表現をシーン別でご紹介します。

レストランでの流れを想像しながら、口に出しながら読み進めてみてください。


今回題材にさせていただいたのは、大人気ヴェネッサ先生の動画です。記事の最後に動画も載せておきます。

お出迎え

<img src="welcome.jpg" alt="ようこその看板">

挨拶をする

まずは挨拶から。相手から挨拶をされたり、目が合ったらとりあえず “Hello!” や “Hi!” と挨拶をしましょう!


Waiter
Waiter

Hi, welcome to our restaurant!

(ようこそ、レストランへ)

Sumi
Sumi

Hello!

(こんにちは)




フレンドリーな海外では、店員さんに “How are you?(元気?)” と聞かれることがよくあります。無難に “I’m good” や “I’m doing good” などと答えておきましょう。


Waiter
Waiter

How are you?

(元気ですか?)

Sumi
Sumi

I’m good, thanks.

(いい感じです、ありがとう)

人数を伝える

店員さんに人数を伝える時は “Do you have a table for three?(3名ですが席ありますか?)” や “We’re three(3名です)” という表現が使えます。


1人の時は “Only me(私のみです)” でOkです!


Waiter
Waiter

How many people?

(何名様ですか?)

Sumi
Sumi

We’re three.

(3名です)

テーブル希望を伝える

テーブルが室外と室内にある際は、店員さんに希望の場所を伝えましょう。


Waiter
Waiter

Do you have preference inside or outside?

(中と外どちらがご希望ですか?)


Sumi
Sumi

It’s a little cold today, so maybe inside.

(今日は少し寒いので、中がいいいかな〜)

オーダー

<img src="order.jpg" alt="レストランのテーブル">

オーダーする

例えば、Xをオーダーをする時は “I’ll have X” や “Can I have X?”と表現できます。

丁寧に言いたい時はCanをCouldに変えて “Could I have X?” と言い換えることも可能です。


Sumi
Sumi

Can I have a steak combo?

(ステーキセットお願いできますか?)

Okay!

(かしこまりました)

※ちなみにハッピーセットやステーキセットなどの「セット」は英語で “combo” と表現します。 日本語同様の “set” はイギリスやオーストラリアでは使われますが、 “combo” の方が英語圏全体で一般的な表現です。




店員さんがオーダーしたメニューを繰り返し言ってくれたら、注文が合っているか確認しましょう。


Waiter
Waiter

We have the steak combo and a side salad.

(ステーキセットとサイドサラダですね)


Sumi
Sumi

Yes, that sounds great!

(はい、そうです!)

値段を尋ねる

特に高いレストランだと値段が書いていない場合もありますよね。そういった場合は、”How much is X?(Xはいくらですか?)” と店員さんに聞いてみましょう。


Sumi
Sumi

How much is the side salad?

(サイドサラダはいくらですか?)

Waiter
Waiter

It’s $1.99.

(1ドル99セントです)

種類を尋ねる

種類を尋ねたい場合は “What kind of X do you have?(何の種類のXがありますか?)”という表現が使えます。


また、事前にそのメニューの話をしていたら “What have you got?(何がありますか?)” と聞くことも可能です。


Sumi
Sumi

What kind of dressing do you have?

(何の種類のドレッシングがありますか?)


Waiter
Waiter

We have Italian and a lemon raspberry vinaigrette.

(イタリアンとレモンラズベリーヴィネグリレットがあります)




ドレッシングやケチャップ、ソースなどを別皿で欲しい時ってありますよね。そんな時は、 “on the side” が「別皿で」という意味で使えます。


“Can I have it on the side?(別皿でもらえますか?)” と伝えましょう。


Sumi
Sumi

I’ll have the vinaigrette.

(ヴィネグレットにします)

Can I have it on the side?

(別皿でもらえますか?)


Waiter
Waiter

No problem.

(かしこまりました)

少し時間が欲しい時

店員さんにオーダーを聞かれて、「まだ決まってない!」という経験がある方も多いのではないでしょうか。


そんな時は ”Can I get a few more minutes?(もう少し時間をもらえますか?)” や “I have’t decided yet(まだ決めてません)” が使えます。


Waiter
Waiter

Are you ready to order?

(注文されますか?)

Sumi
Sumi

Can I get a few more minutes?

(少し時間をいただけますか?)

追加でオーダーする

追加で注文する時は、文の中に “also(〜も)” を入れてみましょう。


Sumi
Sumi

I’m also going to get a beer.

(ビールも注文します)


Waiter
Waiter

Sure! Can I see your ID?

(かしこまりました。身分証明書を確認していいですか?)


Sumi
Sumi

Okay!

(わかりました)


食事

<img src="serve.jpg" alt="食事を提供する男性">

食事を受け取る

日本のレストラン同様、店員さんが食事を持ってくる際にメニューの名前を読み上げてくれることがありますよね。自分が注文したもので間違いなければ、お礼を伝えましょう。


Waiter
Waiter

I have the steak combo.

(ステーキセットお持ちしました)

Sumi
Sumi

Thank you so much!

(ありがとうございます!)

Waiter
Waiter

Enjoy!

(ごゆっくり〜)

食事中

海外では食事の途中に感想を聞かれることがよくあります。そんな時は “It’s good(美味しいです)” や “It’s awsome(最高です)” などと気持ちよく伝えましょう。


Waiter
Waiter

How is everything?

(お料理はいかがですか?)

Sumi
Sumi

It’s good, thanks.

(美味しいいです。ありがとう)


追加注文を聞かれて断る時は、 “No thanks” “I’m fine” “I’m good” などの表現が使えます。


Waiter
Waiter

Would you like another drink?

(他の飲み物はいかがですか?)

Sumi
Sumi

No thanks, I’m fine.

(いいえ、大丈夫です)

食後

海外では食事中だけでなく、食後にも繰り返し繰り返し感想を聞かれることがあります(笑) そんな時は過去形を使って “It was good” や “It was great” と言い、美味しかったことを伝えましょう。


Waiter
Waiter

How was your meal?

(お料理はいかがでしたか?)

Sumi
Sumi

It was great, thanks.

(美味しかったです。ありがとう)




食後のデザートなどの追加注文を聞かれた際に「お腹がいっぱい」「もう食べれません」と伝えるのに便利な表現が “That was so big meal” です。


直訳すると「とても大きな食事でした」となり、量が多くてお腹いっぱいになったことを伝えられます。


Waiter
Waiter

Can I interest in dessert?

(デザートはいかがですか?)

Sumi
Sumi

That was so big meal, thanks.

(かなり量があったので、大丈夫です)

支払い

<img src="welcome.jpg" alt="支払いをするう女性">

伝票を受け取る

伝票を持ってきてもらうように頼む時は “Can I have the bill?” “Can I have the check?” どちらでもOkです。


丁寧に言いたい時はCanをCouldに変換し “Could I have the bill?” や、 “please” を使って “Could I please have the bill?” と言い換えることもできます。


Sumi
Sumi

Can I have the bill?

(伝票もらえますか?)

Waiter
Waiter

Sure!

(かしこまりました!)

支払いをする

伝票を持ってくる時に店員さんがよく “Take your time whenever you’re ready” という表現を使います。「(お支払いの)準備ができるまでごゆっくり」という意味ですね。


支払いの準備ができたら “I’m ready(準備ができました)” と伝えましょう。


Waite
Waite

Here’s your check.

(こちらが伝票です)

Take your time whenever you’re ready.

(お支払いまでごゆっくりしてくださいね)


Sumi
Sumi

I’m ready. You can take it now.

(支払えます。今持っていってください)





お別れの際は “Have a good day(いい1日を)” や “Have a great night(いい夜を)” と伝えて気持ちよく去りましょう。


相手に “Have a great night” などと先に言われた場合は “You too(あなたも)” と答えるとネイティブっぽくて自然です。


私もオーストラリアのレストランで働いていた時に、ネイティブからよく耳にしてました。


Waiter
Waiter

Thanks for dining with us.

(お食事いただきありがとうございました)

Have a great night!

(いい夜を〜)


Sumi
Sumi

You too, bye!

(あなたも〜、さようなら)





いかがでしたか?シンプルな表現を中心にご紹介しましたが、新しい表現は見つけられたでしょうか?


海外のレストランで、是非店員さんとの会話を楽しんでみてください!

あなたの英語学習の参考になれば幸いです。


【英語学習 関連記事】

日本で英語を話す機会をつくる方法5選!【使える英語を身につける】
日本にいながら英語を話す機会をつくることは、決して難しいことではありません。実際に日本で、毎日英語を話す努力をしてきた私が、その方法5選をシェアします。実際にこの方法で、英語を通して素敵な人たちや環境に出会うことができました。日本でもどんどん英語を話しましょう!

【ヴェネッサ先生の動画】